image_print
疾患・分野別ニュース/糖尿病短報(国内)/

ブロッコリーの新芽の成分に肥満や糖尿病予防効果 ――金沢大の研究グループ

ブロッコリーの新芽(ブロッコリースプラウト)に多く含まれる「スルフォラファン」が肥満や糖尿病予防に働く可能性のあることを、金沢大学脳・肝インターフェースメディシン研究センターの太田嗣人氏らが、マウスを用いた実験で明らかにした。スルフォラファンは脂肪細胞の褐色化を促してエネルギー消費量を増やし、肥満型の腸内細菌叢を改善するという。「Diabetes」2月17日電子版に掲載の論文。

研究グループは高脂肪食または通常食にスルフォラファンを混ぜる、あるいは混ぜない4群に分けて14週間観察した。その結果、スルフォラファン摂取群では非摂取群に比べて体重増加率が15%抑えられ、内臓脂肪が20%減少した。また摂取群ではインスリン抵抗性や空腹時血糖値が改善した。(HealthDay News 2017年2月24日)

Copyright (c) 2017 HealthDay. All rights reserved.

No Tags

RELATED ARTICLES

Search

記事カテゴリ