image_print
疾患・分野別ニュース/糖尿病短報(海外)/

歯周病は隠れた糖尿病のサイン――オランダの研究

歯周病は隠れた糖尿病の徴候である可能性が、「BMJ Open Diabetes Research & Care」1月号に掲載の論文で報告された。

オランダAcademic Center Dentistry Amsterdam(ACTA)歯周病学のTeeuw氏らは、歯科医院に来院した313人(軽度~中等度の歯周病が126人、重度の歯周病が78人、109人では歯周病なし)を対象にHbA1c値を測定して糖尿病の有無を判定した。その結果、糖尿病の診断歴がない人では、重度の歯周病患者の47%が糖尿病前症で、18.1%が2型糖尿病であった。軽度~中等度の歯周病患者、歯周病をもたない人でもそれぞれ46%、37%が糖尿病前症、9.9%、8.5%が2型糖尿病であった。(HealthDay News 2017年2月24日)

Copyright (c) 2017 HealthDay. All rights reserved.

No Tags

RELATED ARTICLES

Search

記事カテゴリ