o-170302
image_print
疾患・分野別ニュース/糖尿病短報(海外)/

過体重の2糖尿病患者では10%の減量維持が転帰改善に有効――オーストラリアからの報告

過体重だが肥満ではない2型糖尿病患者では、10%減量した体重を維持することで心血管代謝に臨床上有意な変化がもたらされるとの研究結果が、「Diabetes Care」2月19日電子版に掲載された。

モナシュ大学(オーストラリア)のWentworth氏らは、過体重の2型糖尿病患者45人を減量手術+内科的治療群(GB群、22人)と内科的治療のみ群(MED群、23人)にランダム割り付けて5年間追跡した。その結果、5年後の平均体重減少率はGB群12.2%、MED群1.8%で、糖尿病寛解率はそれぞれ23%、9%であった。追跡期間を通してGB群ではMED群に比べて血糖降下薬の処方量が少なく、HbA1c値も低かった。(HealthDay News 2017年2月22日)

Copyright (c) 2017 HealthDay. All rights reserved.

No Tags

RELATED ARTICLES