image_print
疾患・分野別ニュース/糖尿病短報(国内)/

加齢に伴うインスリンシグナルの変化が記憶低下と関連 ――千葉大の研究グループ

記憶を維持するには、血糖値の調節に重要なインスリンと脂肪細胞内のインスリンシグナル伝達が必要とされることを、千葉大学大学院薬学研究院生化学研究室の殿城亜矢子氏らの研究グループがショウジョウバエを用いた実験で突き止めた。加齢に伴ってインスリンシグナルに変化が生じ、シグナル伝達が低下することが記憶低下を引き起こしている可能性がある。「Cell Reports」2月14日電子版に掲載の論文。

研究グループは今回、ショウジョウバエを用いてインスリンが記憶を制御する機序や加齢に伴う記憶能力の低下とどのように関連するのかを調べた。(HealthDay News 2017年3月6日)

Copyright (c) 2017 HealthDay. All rights reserved.

No Tags

RELATED ARTICLES

Search

記事カテゴリ