糖尿病患者の診察時間に影響を及ぼす因子とは? ――日本人の糖尿病患者約1,100人を解析

医師が糖尿病患者を診察する時間は患者のHbA1c値が高いほど長くなり、また、1型糖尿病患者やインスリン注射、睡眠導入薬、抗不安薬を使用する患者の場合も診察時間は長くなることが、東海大学医学部付属八王子病院総合内科の壁谷悠介氏らの研究グループの調査でわかった。医師側の因子としては女性であることと、40歳未満に比べて40~60歳、60歳以上と年齢が高まるに伴って診察時間は長くなった。「Diabetes Research and Clinical Practice」4月号に掲載の論文。

研究グループは、2014年4~5月に22人の医師が診察した東京都内の某病院の大規模糖尿病外来患者1,197人を対象に横断研究を行った。(HealthDay News 2017年3月9日)

Copyright (c) 2017 HealthDay. All rights reserved.