image_print
疾患・分野別ニュース/糖尿病短報(国内)/

身体活動量が糖尿病網膜症リスクと関連 ――日本人2型糖尿病患者約1,800人を前向きに解析

運動量が多い人ほど糖尿病網膜症の発症リスクが低下することが、奈良県立医科大学糖尿病学講座の石井均氏らの研究グループの調べでわかった。「PLOS ONE」3月3日電子版に掲載の論文。

研究グループは、天理よろづ相談所病院(奈良県)に通院する糖尿病患者を対象とした大規模レジストリーから抽出した、調査開始時点に網膜症を有さない2型糖尿病患者1,814人を対象に、調査開始時点の身体活動量と糖尿病網膜症の新規発症との関連を前向きに調べた。対象患者をMET-hours/週で評価した身体活動レベルで第1~5群に分類し、2年間追跡した結果、運動習慣がない群(第1群)に比べて第4群、第5群で糖尿病網膜症の新規発症リスクが有意に低下した。(HealthDay News 2017年3月15日)

Copyright (c) 2017 HealthDay. All rights reserved.

No Tags

RELATED ARTICLES