FD002642
image_print
医療・健康ニュース/ハイライト/

地中海食で肥満による慢性疼痛を軽減

過体重で慢性疼痛に悩む人は、地中海食に救いを見出せる可能性があることが、米オハイオ州立大学心理学教授のCharles Emery氏らの研究で示唆された。

近年、魚や果物、野菜、ナッツ、豆類の豊富な食事が健康に大きな恩恵をもたらすというエビデンスが増えており、その詳細を検討するために今回の研究が実施された。慢性疼痛のある肥満患者には高度の炎症もみられることが多いことから、食事の抗炎症作用によって疼痛レベルが低減するという仮説を立てたという。

Emery氏らは、20~78歳の男女98人を対象に、食習慣と疼痛に関する短い質問票の回答を精査した。対象者の年齢、メンタルヘルス、鎮痛薬の使用についても考慮した。

その結果、体重にかかわらず、魚、ナッツや豆類などの植物性蛋白質の摂取量が多い人は疼痛が少なかった。高齢の対象者では年齢に関連する疼痛で補正したところ、地中海食は全年齢の男女にとって有益であった。

ただし、今回の研究では1カ月以上持続する慢性疼痛を考慮しておらず、採血をして炎症徴候を調べていないという限界がある。また、今回の結果は食事と疼痛の関連性を示したに過ぎず、因果関係は示していない。

Emery氏は、「次の段階は、炎症の血液マーカーを用いた研究を行うことだ。体脂肪、炎症、疼痛の変化を評価する介入研究が行えれば理想的である」と述べている。本研究は、「Pain」2月号に掲載された。(HealthDay News 2017年3月10日)

https://consumer.healthday.com/vitamins-and-nutrition-information-27/mediterranean-diet-985/mediterranean-diet-may-ease-chronic-pain-of-obesity-720247.html

Copyright (c) 2017 HealthDay. All rights reserved.

RELATED ARTICLES