image_print
疾患・分野別ニュース/糖尿病短報(海外)/

テレビやスマホ依存で子どもの糖尿病リスクが増加する――英研究

1日3時間以上をテレビの視聴やパソコン、ビデオゲームに費やす子どもは2型糖尿病の発症リスクが高まるとの研究結果が、「Archives of Disease in Childhood」3月13日電子版に掲載された。

英ロンドン大学セント・ジョージ校のNightingale氏らは、9~10歳の小児4,495人を対象に、空腹時血糖値やインスリン抵抗性、体脂肪などを測定し、1日のスクリーンタイムについて尋ねた。その結果、スクリーンタイムが1日1時間未満だった小児に比べて3時間以上だった小児では肥満度や皮下脂肪厚、脂肪量指数のほか、レプチン濃度やインスリン抵抗性も高いことがわかった。(HealthDay News 2017年3月14日)

Copyright (c) 2017 HealthDay. All rights reserved.

No Tags

RELATED ARTICLES