Selective focus on the word "diabetes". Many more word photos in my portfolio...
image_print
疾患・分野別ニュース/国内ニュース/

生活習慣のパターンは2型糖尿病患者の心腎代謝に影響を及ぼすのか? ――日本人患者を対象とした横断研究

2型糖尿病患者では食事や運動といった生活習慣因子だけでなく夜型・朝型などの生活リズムや睡眠の質、抑うつ状態の有無も心腎代謝の指標に影響を及ぼすことが、順天堂大学大学院代謝内分泌内科学の三田智也氏、綿田裕孝氏らと那珂記念クリニック(茨城県)の共同研究グループの検討でわかった。2型糖尿病患者の心腎機能を改善し心血管疾患(CVD)の発症を予防するためには、さまざまな因子が複雑に絡み合う生活習慣のパターンを包括的に改善する介入が必要となる可能性があるという。詳細は「PLOS ONE」オンライン版に3月8日掲載された。

研究グループは今回、CVD既往がない2型糖尿病患者を対象に、生活習慣因子の内容で3つの群に分けて、それぞれの因子(生活リズム、睡眠習慣、抑うつ状態、食習慣、喫煙や飲酒の習慣、運動習慣)と心腎代謝パラメータとの関連を調べる横断研究を行った。

対象はCVD既往がない外来通院中の成人(25~70歳)2型糖尿病患者726人。対象患者の平均年齢は57.8歳で、約6割を男性が占め、HbA1c平均値は7.0%であった。対象患者には生活リズム(Morning Evening Questionnaire;MEQ)、睡眠の質(Pittsburg Sleep Quality Index;PSQI)、抑うつ状態(Beck Depression Inventory;BDI-Ⅱ)、食習慣(Brief, self-administered Diet History Questionnaire;BDHQ)、身体活動量(International Physical Activity Questionnaire;IPAQ)に関する自記式質問紙調査と生化学的検査を行った。

まず、探索的因子分析の結果、対象患者の生活習慣因子は、(1)生活リズム(夜型または朝型)、睡眠の質、抑うつ状態(パターン1)、(2)食事によるエネルギー摂取量、喫煙や飲酒の習慣(パターン2)、(3)身体活動量(パターン3)-の3つに分類されることがわかった。

次に、パターン1の夜型の生活リズムで睡眠の質が悪く、抑うつ状態の患者ではHbA1c値や空腹時血糖値、ALT値が高く、アルブミン尿がみられた。パターン2のエネルギー摂取量が多く、喫煙や飲酒の習慣がある患者ではγ-GTP、中性脂肪(TG)、HDL-コレステロール(HDL-C)、血圧、脈間脈波伝播速度(baPWV)の各値が高値を示した。パターン3の運動量が多い患者では尿酸値が低く、ALTやAST値が軽度上昇していた。

さらに、年齢や性などを調整した多変量回帰分析を行ったところ、パターン1の生活はHbA1c値や収縮期血圧、baPWVの値の上昇と関連し、パターン2はHDL-CやTG、AST、γ-GTP、拡張期血圧の各値の上昇と関連していることがわかった。(HealthDay News 2017年3月27日)

Copyright (c) 2017 HealthDay. All rights reserved.

No Tags

RELATED ARTICLES