image_print
疾患・分野別ニュース/国内ニュース/

特発性肺線維症薬が非アルコール性脂肪肝炎にも有効な可能性 ――NASHモデルマウスを用いた検討、東京医歯大・九州大学など

特発性肺線維症の治療薬が非アルコール性脂肪肝炎(NASH)の治療にも有効かもしれない-。こんな研究結果を、東京医科歯科大学大学院分子内分泌代謝学および九州大学大学院病態制御内科学の小川佳宏氏らの研究グループが、名古屋大学と国立成育医療研究センターとの共同研究で明らかにした。NASHモデルマウスに抗線維化薬であるピルフェニドンを投与したところ、肝臓の炎症所見と線維化が著しく抑制されたほか、肝細胞死を抑制することでNASHの予防にも働く可能性が示唆された。詳細は「Scientific Reports」オンライン版に3月17日掲載された。

非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)のうち肝臓の脂肪化に伴って炎症を起こし、線維化が進行するNASHは肝硬変や肝細胞がんに至る重大な疾患とされているが、治療法はいまだ確立されていない。研究グループは、抗線維化作用をもつが分子機構は明らかではない特発性肺線維症の治療薬であるピルフェニドンに着目。同薬の抗線維化作用がNASHに有効性を示す可能性を検証するため、独自に開発したNASHモデルマウスを用いて実験を行った。

まず、NASHモデルマウスにピルフェニドンを経口投与したところ、脂肪肝の形成には影響を与えることなく炎症所見と線維化を著しく抑制することがわかった。また、同薬はNASHモデルマウスにおける肝臓の細胞死を抑制することも判明した。さらに、培養した肝細胞を用いた検討で、同薬は腫瘍壊死因子(TNF)-αにより誘導される細胞死を抑制していた。

研究グループは、「この研究は、既存薬がNASHの予防や治療にも適応をもつ可能性が示されたことに加えて、過剰な肝細胞死の抑制がNASHの予防や治療につながる可能性を示した点でも重要な知見だ」と述べている。(HealthDay News 2017年4月10日)

Abstract
http://www.nature.com/articles/srep44754

Copyright (c) 2017 HealthDay. All rights reserved.

No Tags

RELATED ARTICLES