image_print
疾患・分野別ニュース/糖尿病短報(国内)/

高齢2型糖尿病患者に低血糖を起こさせない治療上のポイントとは?――千葉大の研究グループ

65歳以上の高齢2型糖尿病患者が低血糖を起こさないためには、血糖変動を抑え、平均血糖値も下げ過ぎない包括的な管理が重要であることを、千葉大学病院糖尿病・代謝・内分泌内科の横手幸太郎氏、越坂理也氏らの研究グループが持続血糖測定(CGM)データを用いた研究で明らかにした。「Journal of Diabetes Investigation」4月11日電子版に掲載の論文。

研究グループは、同患者170人(平均年齢74.1±6.7歳)を対象に2011~2016年に行ったCGMデータを後ろ向きに解析し、血糖降下薬の種類、血糖変動、平均血糖値やHbA1c値による低血糖リスクへの影響を調べた。(HealthDay News 2017年4月20日)

Copyright (c) 2017 HealthDay. All rights reserved.

No Tags

RELATED ARTICLES