4HDN国内ニュース4月24日配信2
image_print
疾患・分野別ニュース/国内ニュース/

糖尿病は高齢患者でも心血管疾患死リスクに影響を及ぼすのか? ――日本の8コホート研究を対象に解析

糖尿病は中年期と同様に高齢期(70~80歳代)の患者でも心血管疾患(CVD)死や全死亡の独立したリスク因子であることが、循環器疫学コホート研究の統合データベース共同研究(EPOCH-JAPAN)の解析で分かった。高齢期の患者では中年期の患者よりもCVDによる超過死亡の絶対リスクが増加したことから、高齢患者においても死亡リスク低減を目指した包括的な糖尿病の管理が重要であることが明らかになった。詳細は「Journal of Epidemiology」3月号に掲載された。

糖尿病はCVD死や全死亡のリスク因子とされるが、糖尿病がこれらの死亡リスクに及ぼす影響は加齢によって変化するのか否かは明らかにされていない。慶應義塾大学衛生学公衆衛生学の岡村智教氏と九州大学大学院衛生・公衆衛生学の二宮利治氏らの共同研究グループは、糖尿病によるこうした影響を年齢別に評価するため、日本で行われた複数のコホート研究を対象にプール解析を行った。

研究グループは、健康診断データを収集し、追跡期間が10年以上、参加者が1,000人以上の条件を満たした8つのコホート研究(端野・壮瞥町研究や久山町研究、NIPPON DATA 80など)に参加した3万8,854人を対象に解析を行った。40~90歳で心血管疾患の既往がないことを対象者の登録基準とした。ベースライン時に参加者の4.8%(1,867人)が1998年の世界保健機関(WHO)による診断基準で糖尿病と診断された。

その結果、平均10.3年の追跡期間中に4,542人が死亡し、このうちCVD死は1,376人であった。多変量調整後の解析で、糖尿病を持たない人に比べて、糖尿病患者ではCVD死亡のハザード比は1.62(95%信頼区間1.35~1.94)、冠動脈疾患(CHD)死では2.13(同1.47~3.09)、脳卒中死では1.40(1.05~1.85)であり、全死亡のハザード比も1.39(同1.25~1.55)と糖尿病患者ではCVD死および全死亡リスクが有意に増加することが分かった。

また、参加者を年齢群(40~49歳、50~59歳、60~69歳、70~79歳、80~90歳)に分けて糖尿病がCVD死リスクに及ぼす影響を比較したところ、CVD死の相対リスクは全ての年齢群で同程度であったが(ハザード比1.38~2.06)、糖尿病による超過CVD死の絶対リスクは60歳代以下の患者群に比べて70~80歳代の患者群で増加していた。研究グループは、この結果は高齢期の糖尿病患者では中年期の患者に比べてCVDによる死亡リスクが増加することを意味するとしている。(HealthDay News 2017年4月24日)

Full text
http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0917504016301551

Copyright (c) 2017 HealthDay. All rights reserved.

No Tags

RELATED ARTICLES