Researcher holds the experimental mice for test
image_print
医療・健康ニュース/ハイライト/

臍帯血で記憶力が回復する可能性

ヒトの臍帯血を投与すると、高齢マウスの記憶力が回復することが分かった。研究を率いた米スタンフォード大学医学部神経学講師のJoseph Castellano氏は、「若年者の血液に含まれる成分が、精神機能を鋭敏に保つために重要であることが示唆された」と話している。

この効果がヒトにも当てはまるとは限らず、臍帯血がアルツハイマー病やその他の認知症に対する特効薬になるというわけではない。しかし、今回の知見は、認知症の進行機序を標的とする新薬の開発につながる可能性があるという。

同氏らは先行研究で、高齢マウスに若齢マウスの血漿を注入したところ、学習能力と記憶力が改善したことを報告している。そこで今回の研究では、高齢マウスにヒトの血漿を注入しても同様の効果が得られるのかを確認した。

その結果、ヒトの臍帯から得た血漿を投与すると、高齢マウスに認知機能の改善が認められた。若年者の血漿を投与しても、臍帯血漿に比べると少ないものの、同様の効果が認められた。一方、高齢者(61~82歳)の血漿では全く効果が認められないことが分かった。

同氏らは臍帯血に特異的な成分として、TIMP2(組織メタロプロテアーゼ阻害因子-2)と呼ばれるタンパク質に着目した。このタンパク質は臍帯血には高濃度に存在するが、加齢に伴い減少していたという。さらに、高齢マウスにTIMP2を投与すると、臍帯血漿と同様の認知機能の改善が得られることも分かった。

Castellano氏は、「1つのタンパク質がこのような効果を持つことには驚いたが、TIMP2はさまざまな生物学的経路の上流に位置するタンパク質であり、細胞外マトリクスに存在する多くのタンパク質の制御に関わっている。ただし、TIMP2の脳に対する作用はほとんど解明されていない」と説明している。

この知見は「Nature」オンライン版に4月19日掲載された。(HealthDay News 2017年4月19日)

https://consumer.healthday.com/cognitive-health-information-26/alzheimer-s-news-20/could-young-blood-boost-the-aging-brain-721843.html

Copyright (c) 2017 HealthDay. All rights reserved.

RELATED ARTICLES