o-170412
image_print
疾患・分野別ニュース/糖尿病短報(海外)/

糖尿病の進行度にかかわらずBMIと全死亡率はU字型に相関する――韓国の研究

BMIと全死亡率は、糖尿病の進行度にかかわらずU字型の相関を示し、最も死亡率が低い至適BMI値は糖尿病が進行するほど上昇するとの研究結果が、「Diabetes Care」4月11日電子版に掲載された。

カトリック大学校(韓国)のLee氏らが、1281万5,006人の成人男女を対象に、前向きに平均10.5年間追跡した結果、正常血糖、空腹時血糖異常(IFG)、新規糖尿病、糖尿病既往(自己申告)にかかわらずBMIと全死亡率はU字型に相関した。最も死亡率が低い至適BMIの値は糖尿病の進行に伴って上昇し、特に若年層の女性でこの傾向が強かった。若年層では糖尿病の進行と死亡率増加の関連はBMI低値の人で強かった。(HealthDay News 2017年4月19日)

Copyright (c) 2017 HealthDay. All rights reserved.

No Tags

RELATED ARTICLES