•y^–
image_print
疾患・分野別ニュース/糖尿病短報(海外)/

水素皮下注射で2型糖尿病モデルマウスの転帰が改善――中国の研究

2型糖尿病モデルマウスに水素(H2)を皮下注射すると転帰が著しく改善するとの研究結果が、「Journal of Diabetes Investigation」4月8日電子版に掲載された。

温州医科大学(中国)のZhang氏らは、2型糖尿病モデルマウスに水素(1mL/週)を4週間投与して未治療(対照)マウスと比較検討した。その結果、水素投与マウスでは試験期間を通して体重に変化はみられなかった。また、対照マウスに比べて水素投与マウスでは血糖、血中インスリン、LDL-C、TGの各値が有意に低く、HDL-C値は有意に高かった。水素投与マウスでは耐糖能やインスリン抵抗性のほか、糖尿病腎症の評価指標も改善した。(HealthDay News 2017年5月3日)

Copyright (c) 2017 HealthDay. All rights reserved.

No Tags

RELATED ARTICLES