image_print
医療・健康ニュース/一口メモ/

風邪のつらさで眠れないとき

風邪でつらいときに何よりも必要なのは十分な睡眠です。しかし、鼻づまりや咳が妨げとなってなかなか眠れないこともあるでしょう。そんなときに睡眠を助けるためのヒントを紹介します。

・ハチミツを入れた温かい紅茶を一杯飲みましょう。鼻づまり、喉の痛み、咳などが和らぎます。
・熱く湯気の立つシャワーを浴びると、鼻の通りがよくなり、リラックスできます。
・加湿器を使いましょう。水は毎日交換し、タンクも2~3日ごとに洗ってカビを防ぐのを忘れずに。
・枕を重ねて高くし、痰や鼻水がたまるのを防ぎましょう。
・市販の風邪薬を使用しましょう。成分表示をよく読むこと、2種類以上の薬を一度に飲まないことが大切です。
・どうしても眠れないときはベッドから出て、静かな音楽を聴いたり、お茶を飲んだりして、20分後にまたベッドに戻ってみましょう。

情報元:米国睡眠財団(NSF)(HealthDay News 2017年5月3日)

https://consumer.healthday.com/respiratory-and-allergy-information-2/common-cold-news-142/health-tip-stave-off-cold-symptoms-for-better-sleep-721810.html

Copyright © 2017 HealthDay. All rights reserved.

RELATED ARTICLES