image_print
疾患・分野別ニュース/糖尿病短報(国内)/

新型のカプセル型バルーンによる肥満治療に減量効果――DDW 2017

内視鏡処置が不要な新型のカプセル型バルーンによる肥満治療は非侵襲的で、減量効果や血中インスリン値の低下などをもたらすことが、米国消化器病週間(DDW 2017、シカゴ、5月6~9日)で発表された。

小樽掖済会病院消化器内科の太田英敏氏らは、過体重または肥満の成人10人を対象に新型バルーンを胃内に留置し、食事療法と運動療法を併用した。その結果、留置後6カ月時点の平均体重減少率は12.6%で、インスリン値は20%、LDL-C値は平均で20mg/dLそれぞれ低下した。このバルーンは留置から6カ月後にはしぼんで自然に排泄される。磁石式バルブが付属され、緊急時などには開放してバルーンを縮小できる。(HealthDay News 2017年5月9日)

Copyright (c) 2017 HealthDay. All rights reserved.

No Tags

RELATED ARTICLES