image_print
疾患・分野別ニュース/糖尿病短報(国内)/

HbA1c値とSBP値の受診間変動は同時に2型糖尿病患者の腎症発症リスク――日本人での検討

2型糖尿病患者において、長期的な血糖変動(HbA1c変動)と受診間の収縮期血圧(SBP)変動は同時に微量アルブミン尿の発症を予測し、また、平均SBP値が130mmHg未満の正常血圧時に、HbA1c変動は糖尿病網膜症発症の予測因子となる可能性のあることが、朝日生命成人病研究所(東京都)糖尿病代謝科の高尾淑子氏らの検討で分かった。「Diabetes Research and Clinical Practice」4月7日電子版に掲載の論文。

対象は1995~1996年に同院を初診した2型糖尿病患者832人のうち、初診時および1年間で正常アルブミン尿の243人と網膜症のない486人とし、2012年6月まで追跡した。(HealthDay News 2017年5月15日)

Copyright (c) 2017 HealthDay. All rights reserved.

No Tags

RELATED ARTICLES