image_print
疾患・分野別ニュース/糖尿病短報(国内)/

坂がより急峻な街で比較的重度の糖尿病リスクが低減――東京医歯大の研究グループ

坂道がより急峻な環境に住む高齢者では、平坦な地域に比べてコントロール不良な糖尿病になりにくい可能性のあることが、東京医科歯科大学大学院国際健康推進医学分野の藤原武男氏らの研究グループの検討で分かった。住んでいる地域の平均的な傾斜角が1.48度上がるとコントロール不良な糖尿病になるリスクが18%低減した。緩やかな坂や階段を住環境に取り入れることで、住人の運動量が自然と増加し、糖尿病予防につながる可能性があるという。「Social Science & Medicine」6月号に掲載の論文。

この研究は、65歳以上の高齢者14万人以上を対象に調査を行っている日本老年学的評価研究(JAGES)の一環として行われた。(HealthDay News 2017年5月18日)

Copyright (c) 2017 HealthDay. All rights reserved.

No Tags

RELATED ARTICLES