Kidneys
image_print
疾患・分野別ニュース/糖尿病短報(海外)/

BMIやウエスト周囲長で高齢者の腎機能低下が予測できる可能性――メキシコからの報告

BMIやウエスト周囲長(WC)といった身体計測による体脂肪測定で高齢者の腎機能低下を予測できるとの研究結果が、「Clinical Journal of the American Society of Nephrology」5月18日電子版に掲載された。

メキシコ国立心臓研究所のMadero氏らは、Health Aging and Body Composition Studyに参加した高齢者2,489人(平均年齢74歳)のデータを用いてCT検査または身体計測による体脂肪測定と腎機能低下との関連を検討。解析の結果、皮下脂肪組織、腹部内臓脂肪(VAT)、筋肉内脂肪、BMI、WCはいずれも腎機能低下と有意に関連した。VAT、BMI、WCは慢性腎臓病(CKD)の発症とも関連した。(HealthDay News 2017年5月19日)

Copyright (c) 2017 HealthDay. All rights reserved.

No Tags

RELATED ARTICLES