Stomach
image_print
疾患・分野別ニュース/糖尿病短報(海外)/

ルーワイ胃バイパス術による減量術後には腸内細菌叢の多様性が増す――米研究

腹腔鏡下ルーワイ胃バイパス術(RYGB)による減量術は腸内細菌叢に大きな変化をもたらすとの研究結果が、「ISME Journal」5月26日電子版に掲載された。

米アリゾナ州立大学のRosa Krajmalnik-Brown氏らが行ったマルチオーミクス解析から、RYGB後には腸内細菌叢の多様性が増し、細菌叢の組成は正常体重者や腹腔鏡下調節性胃バンディング術(LAGB)後の肥満者とは異なることが分かった。同氏らは、今回の知見は腸内細菌叢が減量術後の体重減少と関連することを示している可能性があるとしている。(HealthDay News 2017年5月30日)

Copyright (c) 2017 HealthDay. All rights reserved.

No Tags

RELATED ARTICLES