o-170605
image_print
疾患・分野別ニュース/糖尿病短報(海外)/

減量プログラムの減量効果、保険介入者と自己負担者で差なし――米研究

減量プログラムによる医学的な減量効果は、費用を加入する保険で賄う被雇用者と自己負担する雇用されていない人との間で差はみられないとする研究結果が、「Obesity」6月号に掲載された。

米ウェイクフォレスト大学医学部のJamie D. Ard氏らは、費用を保険でカバーする肥満患者480人と自己負担する肥満患者463人を対象に、減量プログラムを1年間実施した。その結果、保険に加入している患者は自己負担の患者に比べて若く、BMIが低く、脱落率が有意に低かった。1年後の体重減少率は両群間で有意な差はみられなかった(保険加入群13.4%対自己負担群13.6%)。(HealthDay News 2017年5月31日)

Copyright (c) 2017 HealthDay. All rights reserved.

No Tags

RELATED ARTICLES