Close-up of Women's running shoes on a paved trail.
image_print
疾患・分野別ニュース/国内ニュース/

インターバル速歩直後の乳製品摂取が生活習慣病症状を改善 ――日本人の中高年女性で検討

中高年者では早歩きとゆっくり歩きを3分間ずつ交互に繰り返す「インターバル速歩」を行うと筋力が向上し、全身の炎症反応が抑制されることが知られている。今回、運動直後に多くの乳製品を摂取するとその効果が高まることが、信州大学バイオメディカル研究所の能勢 博氏らの研究グループによるランダム化比較試験で分かった。結果は「PLOS ONE」5月17日オンライン版に掲載された。

加齢に伴う筋力の低下は全身の炎症反応や生活習慣病の発症と関連しており、この低下を食い止めるには適切な運動と栄養摂取が有効とされているが、実際の処方は確立していない。

能勢氏らは今回、インターバル速歩を6カ月以上実践して、その効果が頭打ちになっている中高年女性37人(平均年齢66歳)を対象に、さらに5カ月間、同じトレーニングを実施してもらい、運動直後の乳製品摂取による効果を検証した。

対象者を、(1)インターバル速歩のみを行う群(12人)、(2)インターバル速歩+直後に少量の乳製品(たんぱく質4g+炭水化物3gを含有)を摂取する群(12人)、(3)インターバル速歩+多くの乳製品(少量群の約3倍)を摂取する群(13人)に無作為に割り付け、インターバル速歩を1日30分、週に4日以上、5カ月間行ってもらった。

その結果、3群間でインターバル速歩の達成率に差は認められなかったが、多くの乳製品を摂取した群のみで介入後に筋力が平均で8%増加し、全身に炎症反応を引き起こす遺伝子であるNFKB1とNFKB2の活性がそれぞれ29%、44%抑制されていた。一方で、インターバル速歩のみを行った群と少量の乳製品を摂取した群ではこれらの変化は認められなかった。

以上の結果から、同氏らは「乳製品は手頃な価格で手に入れやすい。生活習慣病の予防や治療のためにも、運動の後には乳製品を摂取する習慣をつけて欲しい」と述べている。(HealthDay News 2017年6月12日)

Abstract
http://journals.plos.org/plosone/article?id=10.1371/journal.pone.0176757

Copyright © 2017 HealthDay. All rights reserved.

No Tags

RELATED ARTICLES