Kidneys
image_print
疾患・分野別ニュース/糖尿病短報(海外)/

血清アルブミン低値は透析患者の死亡の予測因子――スペイン研究

透析療法開始時点の血清アルブミン低値は、その後1年間の死亡率と独立して関連するとの研究結果が「Journal of Renal Care」5月23日電子版に掲載された。

Carlos Haya Regional大学病院(スペイン)のAna Rebollo Rubio氏らは、透析患者189人を対象に前向きに1年間追跡調査を行った。その結果、追跡期間中に対象患者の6.87%が死亡し、このうち64%は追跡開始から6カ月以内に死亡した。解析の結果、アルブミン低値のみが死亡率と独立して関連する因子であった。(HealthDay News 2017年6月1日)

Copyright (c) 2017 HealthDay. All rights reserved.

No Tags

RELATED ARTICLES