o-170607
image_print
疾患・分野別ニュース/糖尿病短報(海外)/

過体重や肥満は医療費の増大と関連する――英研究

過体重や肥満はあらゆる面において医療費の増大と関連し、特に薬剤費の増加率が高いとの研究結果が「Obesity Reviews」5月22日電子版に掲載された。

英オックスフォード大学のSeamus Kent氏らは、34件の研究をレビューし、BMIと医療費との関連を調べ、年間医療費を過体重者および肥満者と適正体重者で比較した。その結果、年間の平均医療費は適正体重者に比べて過体重者では12%、肥満者では36%増加した(中央値)。特に薬剤費(各18%、68%)の増加率が高く、入院費は各12%、34%、外来診療費は各4%、26%であった。また、肥満に関連する医療費の増加率は男性よりも女性で高かった。(HealthDay News 2017年6月1日)

Copyright (c) 2017 HealthDay. All rights reserved.

No Tags

RELATED ARTICLES