image_print
疾患・分野別ニュース/糖尿病短報(国内)/

インターバル速歩直後の乳製品摂取が生活習慣病症状を改善――日本人の中高年女性で検討

中高年者では早歩きとゆっくり歩きを3分間ずつ交互に繰り返す「インターバル速歩」を行うと筋力が向上し、全身の炎症反応が抑制されることが知られているが、運動直後に多くの乳製品を摂取するとその効果が高まることが、信州大学バイオメディカル研究所の能勢 博氏らの検討で分かった。論文は「PLOS ONE」5月17日電子版に掲載された。

研究では、インターバル速歩(6カ月以上実践)の効果が頭打ちになっている中高年女性37人(平均年齢66歳)を対象に、速歩のみ群と運動直後に少量の乳製品を摂取する群、多くの乳製品を摂取する群の3群にランダムに割り付けて、インターバル速歩を1日30分、週に4日以上、5カ月間行ってもらった。(HealthDay News 2017年6月9日)

Copyright (c) 2017 HealthDay. All rights reserved.

No Tags

RELATED ARTICLES