4.1.1
image_print
医療・健康ニュース/ハイライト/

「週末だけ夜更かし」は心臓に負担

平日は規則的な睡眠習慣を守っているのに週末になると夜更かししてしまうという人は、心疾患を発症するなど健康を損なう可能性が高まることが、米アリゾナ大学のSierra Forbush氏らの研究で示唆された。

平日と休日で就寝・起床の時間が異なるなど、社会的活動により体内時計と実際の睡眠パターンが一致しなくなる現象は“社会的時差ぼけ(social jet lag)”と呼ばれる。今回の研究は、この社会的時差ぼけが心疾患や抑うつなどの問題に関連することを明らかにした。

22~60歳の成人約1,000人を対象として、平日と休日の睡眠パターンと睡眠の質、さらには不眠、全般的な健康について尋ねたところ、睡眠パターンのずれが1時間生じるごとに、心疾患と診断される可能性が11%高まり、健康状態が「良くない」または「まあまあ」と回答する人が28%増えた。また、社会的時差ぼけがひどくなると、気分の落ち込み、眠気、疲労を感じる可能性が高まった。

これらの関連性は、結果に影響しうる収入や教育といった要因を考慮に入れても依然として認められた。今回の研究は因果関係を証明するデザインではなく、関連性を示したに過ぎないが、過去の研究でも社会的時差ぼけが肥満などの問題に関連することが示されている。

Forbush氏は、「社会的時差ぼけが起きる仕組みはホルモンと概日リズムで説明できる可能性が高い。これは旅行で生じる時差ぼけと同じものだが、社会的時差ぼけは慢性化することが少なくない。どのくらい社会的時差ぼけが続くと健康障害につながるのかは、今後の研究課題だ」と述べている。

この知見は米国睡眠学会(SLEEP 2017、6月3~7日、ボストン)で発表された。学会発表された知見は通常、査読を受けて医学誌に掲載されるまでは予備的なものとみなされる。(HealthDay News 2017年6月7日)

https://consumer.healthday.com/general-health-information-16/miscellaneous-479/do-you-have-social-jet-lag-723406.html

Copyright © 2017 HealthDay. All rights reserved.

RELATED ARTICLES