o-170611
image_print
疾患・分野別ニュース/糖尿病短報(海外)/

インスリンを使用しない2型糖尿病患者の血糖自己測定は不要? ――ADA 2017

インスリン療法を受けていない2型糖尿病患者では、血糖自己測定(SMBG)を行っても行わなくても1年後の血糖コントロールや健康関連QOLスコアに差はみられないとする研究結果が、第77回米国糖尿病学会(ADA 2017、6月9~13日、サンディエゴ)で発表され、「JAMA Internal Medicine」6月10日オンライン版に同時掲載された。

米ノースカロライナ大学のLaura Young氏らは、同患者450人を対象に(1)SMBG(1日1回)を行う群、(2)SMBG+フィードバックを受け取る群、(3)SMBGを行わない群の3群にランダムに割り付けて追跡。その結果、1年後の平均HbA1c値とQOLスコアには3群間で有意な差はみられなかった。(HealthDay News 2017年6月12日)

Copyright (c) 2017 HealthDay. All rights reserved.

No Tags

RELATED ARTICLES