image_print
疾患・分野別ニュース/糖尿病短報(国内)/

日本人高齢2型糖尿病患者の臨床像と処方傾向を解析――3万人を超える患者データを分析

400人を超える90歳以上の患者を含めた大規模な高齢2型糖尿病患者データの解析から、高齢患者の血糖や脂質は良好にコントロールされており、また高齢になるほど経口薬やインスリン製剤の処方内容は簡略化していることが分かった。糖尿病データマネジメント研究会(JDDM)のデータを福元医院(鹿児島県)の福元良英氏らが解析したもので、第60回日本糖尿病学会年次学術集会(5月18~20日、愛知県名古屋市)で報告された。

同氏らは、JDDM参加施設を2015年7月以前に初診し、2016年5~7月に受診歴がある60歳以上の2型糖尿病患者3万5,655人を対象に年齢で4群(60~69歳、70~79歳、80~89歳、90歳以上)に層別し、年代別の臨床像と治療内容を比較した。(HealthDay News 2017年6月12日)

Copyright (c) 2017 HealthDay. All rights reserved.

No Tags

RELATED ARTICLES