4.1.1
image_print
疾患・分野別ニュース/国内ニュース/

夜遅く食べても食後血糖値の上昇を抑える方法は? ――日本人2型糖尿病患者で検討

21時以降の夜遅い食事は食後高血糖をもたらしやすいが、夜遅く食事をとる数時間前に野菜や炭水化物を少量摂取しておくと、こうした食後血糖値の上昇を抑えられる可能性のあることが、京都女子大学家政学部食物栄養学科教授の今井佐恵子氏と梶山内科クリニック(京都府)院長の梶山静夫氏らの検討で分かった。「遅い時間の食事が避けられない場合でも、食事を2回に分けることで食後高血糖を抑えられ、結果的に合併症リスクの低減にもつながるかもしれない」と、今井氏は話している。詳細は「Diabetes Research and Clinical Practice」5月16日オンライン版に掲載された。

朝食を抜く、夕食を夜遅く食べるといった不規則な食生活は肥満リスクを上昇させることが知られているが、2型糖尿病患者の食後血糖値への影響はあまり検討されていなかった。今井氏らは2014~2015年に、2型糖尿病患者を対象に夕食を21時に単回摂取した場合と18時および21時の2回に分けて摂取した場合による食後血糖値への影響を検討した。

この研究は2型糖尿病患者16人(平均年齢70.3歳、平均HbA1c値は7.2%)を対象としたランダム化クロスオーバー試験。対象患者のうち6人は食事療法のみを行っており、残り10人は経口血糖降下薬を服用していた。

対象患者には、5日間の試験期間を通して持続血糖測定モニター(CGM)を装着してもらい、摂取カロリーや栄養素を調整した試験食を提供して自宅で決められた時間に食べてもらった。初日は21時に夕食、2日目以降は朝食(8時)、昼食(13時)とした上で2日目および4日目は夕食を21時に単回摂取する群または2回(18時には野菜と炭水化物、21時には野菜と主菜)に分けて摂取する群にランダムに割り付けてクロスオーバーさせ、3日目は全ての患者が18時に夕食を摂り、5日目の朝食後にCGMを外してもらった。

その結果、夕食を18時に単回摂取した場合に比べて、21時に単回摂取すると23時~翌8時の血糖上昇曲線下面積(IAUC)と上昇血糖ピーク(IGP)が有意に高くなり、食後血糖値が上昇しやすくなることが分かった(IAUC:147mmol/L×分対644mmol/L×分、IGP:3.09mmol/L対6.78mmol/L、いずれもP<0.01)。さらに、夕食を21時に単回摂取した方が24時間の平均血糖変動幅(mean amplitude of glycemic excursions;MAGE)も高くなる傾向がみられた(6.99mmol/L対5.35mmol/L、P=0.077)。

一方で、夕食を18時と21時の2回に分けて摂取すると23時~翌8時のIAUC(142 mmol/L×分)、夕食後のIGP(3.75mmol/L)、MAGE(5.33mmol/L)はいずれも有意に抑えられていた(いずれもP<0.01)。(HealthDay News 2017年6月19日)

Fulltext
http://www.diabetesresearchclinicalpractice.com/article/S0168-8227(17)30133-X/fulltext

Copyright © 2017 HealthDay. All rights reserved.

No Tags

RELATED ARTICLES