8.3.1
image_print
医療・健康ニュース/今日のニュース/

低脂肪乳製品の日常的な摂取でパーキンソン病リスク上昇か

低脂肪の牛乳やチーズ、ヨーグルトなどの乳製品を摂取することは健康的だと考えられているが、これらを日常的に摂取することでパーキンソン病の発症リスクがわずかに上昇する可能性が、米ハーバード大学T.H.チャン公衆衛生学部のKatherine Hughes氏らによる研究で示唆され、「Neurology」6月8日オンライン版に掲載された。

Hughes氏らは今回、米国の男女の医療従事者12万9,346人を24~26年追跡した2件の前向きコホート研究のデータを分析した。これらの研究では4年ごとに食物摂取頻度調査が実施され、追跡期間中に1,036人がパーキンソン病を発症していた。

分析の結果、低脂肪乳製品を1日3サービング以上(低脂肪乳でコップ3杯以上に相当)摂取していた人では、1サービング未満しか摂取しなかった人に比べてパーキンソン病を発症するリスクが34%高かった。また、乳製品の中でも牛乳のみに限定して分析した結果、低脂肪乳または脱脂乳を1サービング以上摂取していた人では1サービング未満の人に比べて同リスクが39%高かった。 一方で、全乳などの高脂肪乳製品の摂取量は、同リスクの上昇と関連していなかった。

ただし、Hughes氏らは本研究で認められたリスクを広い視野でとらえる必要があると強調。「低脂肪乳製品を1日3サービング以上摂取していた5,830人のうち、追跡期間中にパーキンソン病を発症したのは1%(60人)、1日1サービング未満であった7万7,864人のうち同疾患を発症したのは0.6%(483人)であり、発症リスクそのものは低かったことに留意すべきだ」としている。

また、同氏らは「この研究は観察研究であるため、因果関係が明らかになったわけではない」と説明し、乳製品の摂取と疾患リスクの両方に関与する第3の因子がリスクを高めている可能性もあるとの見方を示している。例えば、尿酸値が高めだとパーキンソン病リスクが低いことが指摘されているが、乳に含まれる蛋白質が尿酸値を低下させるとの報告があり、その尿酸排出作用が関与している可能性があるという。他にも、農薬などによる乳製品の汚染が影響する可能性も示唆している。

一方、なぜ全乳などの高脂肪乳製品ではパーキンソン病リスクとの関連が認められなかったのかについては「明確な要因は不明」としているが、高脂肪乳製品に含まれている飽和脂肪酸が尿酸値の維持に役立っている可能性があるとの見方を示している。

米国パーキンソン病財団のJames Beck氏は、「骨の健康を維持するためにも乳製品から十分なカルシウムを摂取することは重要」として、急に食事を変えることは勧めていない。なお、この研究は米国立衛生研究所(NIH)および米国防総省の支援により実施された。(HealthDay News 2017年6月8日)

https://consumer.healthday.com/cognitive-health-information-26/parkinson-s-news-526/does-a-low-fat-dairy-habit-boost-parkinson-s-risk-723503.html

Copyright © 2017 HealthDay. All rights reserved.

RELATED ARTICLES