image_print
疾患・分野別ニュース/糖尿病短報(国内)/

全身持久力を高く維持すると2型糖尿病の予防につながる――日本人男性約7,000人を23年間追跡調査

全身持久力を高く維持すると2型糖尿病の発症リスクが低下し、予防につながる可能性のあることを、東北大学大学院医工学研究科健康維持増進医工学分野の門間陽樹氏らが明らかにした。一方で、全身持久力が一時的に高くなっても2型糖尿病リスクには影響を及ぼさないことも分かった。「Medicine & Science in Sports & Exercise」5月16日電子版に掲載の論文。

同氏らは、追跡調査を開始する前の8年間(1979~1987年)で全身持久力を4回以上測定した糖尿病ではない男性7,158人(20~60歳)を対象に、全身持久力の曲線下面積(AUC)を算出し、AUCの大きさで4群に分けて2型糖尿病の発症率を2009年まで23年間追跡した。(HealthDay News 2017年6月23日)

Copyright (c) 2017 HealthDay. All rights reserved.

No Tags

RELATED ARTICLES