Sehr dicker Mann mit erheblichem Übergewicht präsentiert sich der Kamera
Fat man isolated on white
image_print
疾患・分野別ニュース/国内ニュース/

肥満と全身性炎症がインスリン抵抗性に影響 約1,000人の日本人成人データを解析

日本人では、全身性の炎症レベルの上昇に伴ってインスリン抵抗性が増大し、特に肥満と全身性の炎症が同時に起こるとインスリン抵抗性に対して相乗的な影響をもたらすことが、徳島大学大学院予防医学分野の上村浩一氏らの検討で分かった。肥満が少ない日本人においても、体格と全身性の炎症レベルはともにインスリン抵抗性に有意な影響を及ぼすという。詳細は「PLOS ONE」6月2日オンライン版に掲載された。

肥満はインスリン抵抗性や2型糖尿病をはじめとするさまざまな疾患のリスク因子として知られているが、肥満人口が少ない日本人においても近年、2型糖尿病患者が急激に増加しており、その対策が課題とされている。上村氏らは今回、こうした日本人において、全身性の軽度な慢性炎症と体格の大きさがインスリン抵抗性にどのような影響を与えるのかを調べるため、健康な成人男女を対象とした横断研究を行った。

対象は、日本人の健康状態を20年以上にわたって追跡する日本多施設共同コーホート研究(J-MICC Study)の徳島県における調査に、2009~2013年に参加した35~69歳の成人男女1,074人(男性536人、女性538人)。対象者のベースラインデータを用いて、高感度C反応性蛋白(hs-CRP)を用いて評価した全身性の炎症レベルとBMIで評価した体格(適正体重、過体重、肥満)がインスリン抵抗性および膵β細胞機能(それぞれHOMA-IR、HOMA-βを用いて評価)にどのような影響を及ぼすのかを調べた。BMIが23.0未満を適正体重、23.0~24.9を過体重、25.0以上を肥満とした。

その結果、対象者を血清hs-CRP値で4分位に分けて比べたところ、BMIを含めた複数の共変量を調整した解析で、血清hs-CRP値とHOMA-IRとの間には用量依存的な関係がみられ、炎症レベルの上昇に伴いインスリン抵抗性が増大することが分かった。

さらに、炎症レベル(血清hs-CRP値が中央値以下、中央値超)と体格(適正体重、過体重、肥満)を組み合わせて解析したところ、適正体重かつ炎症レベルが低い群と比べて、過体重群および肥満群(炎症レベルは低い)では複数の共変量を調整したHOMA-IRの調整平均値がそれぞれ1.2倍、1.5倍高く、肥満かつ炎症レベルが高い群では2.3倍高かった。適正体重者では血清hs-CRP値の高低でHOMA-IRの調整平均値に有意な差はみられなかったのに対し、肥満者では血清hs-CRP値が高い群では低い群に比べてHOMA-IRの調整平均値が1.5倍高く、HOMA-IR値に対して炎症レベルと体格の交互作用がみられた。(HealthDay News 2017年6月26日)

Abstract
http://journals.plos.org/plosone/article?id=10.1371/journal.pone.0178672

Copyright © 2017 HealthDay. All rights reserved.

No Tags

RELATED ARTICLES