o-170618
image_print
疾患・分野別ニュース/糖尿病短報(海外)/

CADを有さない患者では糖尿病の有無で有害心イベントリスクに差なし――デンマーク研究

冠動脈造影(CAG)で冠動脈疾患(CAD)が認められない患者では、糖尿病の有無で死亡や有害心イベントのリスクに差はみられないとする研究結果が、「Diabetes Care」6月8日電子版に掲載された。

オーフス大学病院(デンマーク)のKevin K.W. Olesen氏らは、Western Denmark Heartレジストリーに参加した2003~2012年にCAGを施行された患者9万3,866人を対象に解析した。その結果、追跡期間中(中央値4.1年)、閉塞性CADを有さない患者では、糖尿病の有無で死亡、心臓死、心筋梗塞のリスクに差はみられなかった。CADを有さない患者では、糖尿病を持たない患者に比べて糖尿病患者ではスタチンとアスピリンの服用率が高かった。(HealthDay News 2017年6月20日)

Copyright (c) 2017 HealthDay. All rights reserved.

No Tags

RELATED ARTICLES