image_print
疾患・分野別ニュース/糖尿病短報(国内)/

肥満と全身性炎症がインスリン抵抗性に影響――徳島大の研究グループ

日本人では、全身性の炎症レベルの上昇に伴ってインスリン抵抗性が増大し、特に肥満と全身性の炎症が同時に起こるとインスリン抵抗性に対して相乗的な影響をもたらすことが、徳島大学大学院予防医学分野の上村浩一氏らの検討で分かった。肥満が少ない日本人においても体格と全身性の炎症レベルはともにインスリン抵抗性に有意な影響を及ぼすという。「PLOS ONE」6月2日電子版に掲載の論文。

同氏らは、J-MICC Studyの徳島県における調査に2009~2013年に参加した成人男女1,074人(35~69歳)のベースラインデータを用いて、全身性の炎症レベルと体格(hs-CRP、BMIで評価)がインスリン抵抗性や膵β細胞機能に及ぼす影響を調べた。(HealthDay News 2017年6月26日)

Copyright (c) 2017 HealthDay. All rights reserved.

No Tags

RELATED ARTICLES