image_print
疾患・分野別ニュース/糖尿病短報(国内)/

透析導入早期の2型糖尿病患者、血糖指標に「アルブミン補正GA値」が有用――日本人患者で検討

血清アルブミン値で補正したグリコアルブミン(アルブミン補正GA)値は、血液透析導入早期(6カ月以内)の2型糖尿病患者において、GA値よりも血糖コントロールをより正確に反映した指標になり得ることが、松波総合病院(岐阜県)腎臓内科の矢島隆宏氏らの検討で分かった。「Diabetes Research and Clinical Practice」8月号に掲載の論文。

同氏らは2型糖尿病血液透析患者31人(平均年齢70.8歳)を透析導入から6カ月以下の群(透析歴中央値は3.4カ月)と6カ月を超える群(同60カ月)に分けて、持続血糖測定(CGM)により得られた血糖コントロール指標とGA値、アルブミン補正GA値、HbA1c値との関連について解析した。(HealthDay News 2017年7月3日)

Copyright (c) 2017 HealthDay. All rights reserved.

No Tags

RELATED ARTICLES