Close-up Of Hand Holding Device For Measuring Blood Sugar
image_print
疾患・分野別ニュース/糖尿病短報(海外)/

DAAによるC型肝炎治療で2型糖尿病患者の血糖コントロールが改善――米研究

2型糖尿病患者では、直接作用型抗ウイルス薬(DAA)によるC型肝炎治療が血糖コントロールの改善や糖尿病治療薬の併用数の減少と関連するとの研究結果が、「Diabetes Care」6月28日電子版に掲載された。

米ポートランド退役軍人省医療センターのJustine Hum氏らは、DAAによるC型肝炎治療を受けた糖尿病患者2,435人を対象に解析。その結果、ベースライン時のHbA1c値が高い患者では、ウイルス学的著効(SVR)を達成すると達成しなかった場合と比べて1年後のHbA1c値が大きく低下した。SVR達成患者では糖尿病治療薬の併用数、特にインスリンの使用率が減少した。(HealthDay News 2017年7月7日)

Copyright (c) 2017 HealthDay. All rights reserved.

No Tags

RELATED ARTICLES