2HDN糖尿病ニュース7月20日配信2
image_print
疾患・分野別ニュース/糖尿病/

食事の質の改善を長期間継続すると寿命が延びる

食事の質の改善を12年以上にわたって続けると全死亡リスクが低減し、寿命が延びる可能性のあることが、「New England Journal of Medicine」7月13日号に掲載の論文で報告された。専門家によると、この研究結果は驚くべきものではないが、中年期や高齢期を迎えてから食生活を見直しても長生きにつながることを大規模な研究で明らかにした初めてのものだという。

研究を主導した米ハーバード大学公衆衛生学部のMercedes Sotos-Prieto氏は「研究に参加した人々の平均年齢は60歳以上であった。この研究は『食生活の改善を始めるのに遅すぎることは決してない』という重要なメッセージをもたらした」と強調している。

この研究は、1970~1980年代に開始された看護師健康調査(Nurses’ Health Study)に参加した女性4万7,994人と医療従事者追跡研究(Health Professionals Follow-up Study)に参加した男性2万5,745人の合計7万4,000人近くを対象とした長期観察研究に基づくもの。1986~1998年の12年間における食事の質の経時的な変化が早期死亡リスクにどのような影響を及ぼすのかを検討した。

参加者の食事の質は、代替健康食指数(Alternate Healthy Eating Index 2010)、代替地中海食(Alternate Mediterranean Diet)、DASH食(高血圧改善食)の3つの食事の質スコアを用いて評価した。どの食事法でも野菜や果物、全粒穀物、魚類、低脂肪の乳製品、オリーブ油、ナッツ類などの質のよい脂肪源は高スコアに、加工食品や砂糖を加えた甘い食べ物、赤肉、バターなどは低スコアに評価された。

その結果、果物や野菜、全粒穀物の摂取量を増やすなど食事の質を改善させた人では、改善しなかった人に比べて早期死亡リスクが9~16%低かった。一方で、食事の質が悪化した人では、食習慣を変えなかった人に比べて早期死亡リスクは6~12%増加することも分かった。

また、食事の質のスコアを20パーセンタイル上昇させる(食事の質を向上させる)と全死亡リスクは8~17%低下し、心疾患や脳卒中による死亡リスクも同程度(7~15%)低下した。さらに、質の高い食事を12年間継続した人では、食事の質が低かった人に比べて全死亡リスクは9~14%低いことも明らかにされた。なお、Sotos-Prieto 氏によると、食事の質のスコアを20パーセンタイル上昇させることは簡単に行えるもので、例えば、1日1回分の赤肉を豆類やナッツに変えるだけでよいという。

米国心臓協会(AHA)スポークスウーマンで米タフツ大学栄養学教授のAlice Lichtenstein氏は「死亡リスクを低減させ、寿命を延ばすためには、健康的な食生活に変えたらそれを生涯続けることが重要な鍵になるだろう」とコメントしている。(HealthDay News 2017年7月12日)

https://consumer.healthday.com/vitamins-and-nutrition-information-27/food-and-nutrition-news-316/better-diet-longer-life-724518.html

Copyright © 2017 HealthDay. All rights reserved.

No Tags

RELATED ARTICLES