4HDN国内ニュース7月24日配信2
image_print
疾患・分野別ニュース/国内ニュース/

朝食前の運動は24時間総脂肪酸化量を増大させる 筑波大の研究グループ、日本人女性を対象に検討

男性と同様に、女性が朝食前の空腹時に運動を行うと24時間総脂肪酸化量が増大し、これは24時間のエネルギーや炭水化物バランスが負になったことが影響している可能性のあることが、筑波大学運動栄養学の徳山薫平氏らの検討で分かった。一時的な負のエネルギーバランスを大きくするように運動を行うタイミングを調整すると、24時間の総脂質酸化量を増やせる可能性があるという。詳細は「PLOS ONE」7月10日オンライン版に掲載された。

24時間のエネルギーバランスが保たれている条件下では、運動を行っても24時間の総脂肪酸化量には影響を及ぼさないことが報告されている。しかし、これまでの徳山氏らの検討で、健康な男性では一晩絶食した翌朝の朝食前に運動を行うと、朝食や昼食、夕食を摂取後の運動に比べて運動後24時間の総脂肪酸化量が増大する可能性が示唆されている。そこで今回、同氏らは健康な女性を対象に、朝食前の運動が24時間の総脂肪酸化量に及ぼす影響を検討する研究を行った。

対象は、日常的に中強度の運動を行っている健康な女性9人(平均年齢23.9±1.3歳、平均体脂肪率26.9±1.2%)。参加者には試験初日の22時に代謝測定室に入室してもらい、就寝は23時~翌朝6時とし、食事は朝食(8時)、昼食(12時)、夕食(18時)を提供した(総エネルギー量は、参加者の24時間エネルギーバランスがとれるように設定した)。また、参加者には6時30分に60分間のトレッドミル走行を最大酸素摂取量(VO2max)の50%に相当する強度で行う、あるいは座位で安静状態を保つことをランダムに行ってもらった。

その結果、朝食前に運動を行うと、座位で過ごした場合と比べて24時間のエネルギー消費量、総炭水化物酸化量とともに総脂肪酸化量が増大することが分かった(519±37kcal/日対400±41kcal/日)。

また、相対的な24時間エネルギーバランスの経時変化には、運動を行った場合と安静状態を保った場合では推移に差があり、朝食前には一時的な減少がみられた。相対的な24時間エネルギーバランスが最も低下した値は、安静時よりも運動時で有意に大きかった(-124±4kcal対-507±20kcal、P<0.01)。また、24時間炭水化物バランスの推移についても同様な傾向がみられた。

以上の結果から、徳山氏らは「過去の報告と合わせて、一時的な負のエネルギーバランスを大きくするように運動を行うタイミングを調整すると24時間の総脂質酸化量を増やせる可能性が示唆された。朝食前の運動を継続した場合に効果が持続するのかどうかなどは、今後検討する必要がある」と述べている。(HealthDay News 2017年7月24日)

Abstract
http://journals.plos.org/plosone/article?id=10.1371/journal.pone.0180472

Copyright © 2017 HealthDay. All rights reserved.

No Tags

RELATED ARTICLES