image_print
疾患・分野別ニュース/糖尿病短報(国内)/

玄米食で2型糖尿病患者の血管内皮機能が改善――滋賀医大の研究グループ

2型糖尿病患者が食物繊維を豊富に含む玄米食を8週間摂取すると、体重やHbA1c値に影響を及ぼさずに血管内皮機能が改善する可能性のあることを、滋賀医科大学糖尿病内分泌内科の森野勝太郎氏、同大学公衆衛生学講座の近藤慶子氏らがサンスター(株)との共同研究で明らかにした。玄米食の摂取では血糖変動幅が抑えられたことが血管内皮機能の改善に寄与した可能性が考えられるという。「PLOS ONE」6月29日電子版に掲載の論文。

同氏らは、2012~2014年に登録した外来通院中の2型糖尿病患者のうち、同意を得た28人を対象に、主食を玄米とする群(14人)または白米群(14人)にランダムに分けて、それぞれの主食を8週間継続摂取させた。(HealthDay News 2017年7月18日)

Copyright (c) 2017 HealthDay. All rights reserved.

RELATED ARTICLES