o-170713
image_print
疾患・分野別ニュース/糖尿病短報(海外)/

スマホアプリによる介入で2型糖尿病患者の心血管リスクが低減――中国の研究

スマートフォンのアプリを利用して通知を送る介入は、2型糖尿病患者の心血管リスクの低減に有効とする研究結果が「Journal of Clinical Nursing」7月12日電子版に掲載された。

四川大学病院(中国)のRonghua Fang氏らは、質問票調査に参加した2型糖尿病患者を、スマホを用いた介入群(次回来院日の連絡や健康情報を通知)と電話をする群(対照群)にランダム割り付けて比較検討した。両群とも3カ月ごとに電話で追跡調査を行い、12カ月後に心血管パラメータを評価した。その結果、対照群に比べて介入群ではHbA1c、食後血糖、食後インスリン、総コレステロール、LDLコレステロールの各値が有意に低下した。(HealthDay News 2017年7月19日)

Copyright (c) 2017 HealthDay. All rights reserved.

RELATED ARTICLES