image_print
疾患・分野別ニュース/糖尿病短報(国内)/

拡散テンソル画像MRIで糖尿病腎症モデルラットの腎臓線維化の撮影に成功――阪大の研究グループ

大阪大学大学院先端移植基盤医療学准教授の貝森淳哉氏と先端移植基盤医療学教授の高原史郎氏らの研究グループは、拡散テンソル画像(diffusion tensor imaging;DTI)と呼ばれる拡散MRIの一手法とスピンエコー法を組み合わせた新しい撮影方法を開発し、糖尿病腎症モデルラットの腎臓の線維化を画像化することに成功したと発表した。

腎臓の組織障害を非侵襲的に正しく評価できるようになれば、糖尿病腎症や慢性腎臓病(CKD)の予防のほか、透析患者数の減少にも寄与するものと期待されるという。「Scientific Reports」7月18日電子版に掲載の論文。(HealthDay News 2017年7月28日)

Copyright (c) 2017 HealthDay. All rights reserved.

RELATED ARTICLES