image_print
疾患・分野別ニュース/糖尿病短報(国内)/

生活習慣の欧米化でアディポネクチンに質的および量的な異常――遺伝的素因が共通する日系人と日本人を比較検討

遺伝的素因が同じ日本人であっても、生活習慣が日本式から米国式に変化すると、脂肪細胞から分泌されるホルモン「アディポネクチン」に量的および質的な異常がもたらされ、インスリン抵抗性が惹起される可能性のあることが、日本在住の日本人と米国在住の日系人とを比較した研究で分かった。広島大学病院内分泌・糖尿病内科の米田真康氏らと大阪大学内分泌・代謝内科学との共同研究。「Cardiovascular Diabetology」7月6日電子版に掲載の論文。

「ハワイ・ロサンゼルス・広島スタディ」で2009~2010年の医学調査を受診した者のうち、30~70歳の広島在住の日本人325人とロサンゼルス在住の日系人304人を対象に解析した。(HealthDay News 2017年7月31日)

Copyright (c) 2017 HealthDay. All rights reserved.

RELATED ARTICLES