Wooden bowl with mixed nuts on white table. Healthy food and snack. Walnut, pistachios, almonds, hazelnuts and cashews.
image_print
疾患・分野別ニュース/糖尿病短報(海外)/

クルミの摂取が食欲低下や脳の右島皮質の活性化と関連する――米研究

クルミを短期間摂取すると空腹感と食欲が低下するほか、脳の右島皮質(right insula)の活性が高まり、高脂肪食や高カロリー食の摂取量が抑えられる可能性があるとの研究結果が「Diabetes, Obesity and Metabolism 」7月17日電子版に掲載された。

米ベス・イスラエル・ディーコネス医療センターのOlivia M. Farra氏らは、成人の肥満患者10人を対象に、クルミ48g/日またはプラセボをランダムに各5日間(ウォッシュアウト期間は1カ月)摂取させて機能的MRI(fMRI)で脳機能を解析。その結果、クルミの摂取は視覚的アナログ尺度(VAS)で評価した空腹感と食欲の低下と右島皮質の活性化と関連した。(HealthDay News 2017年7月28日)

Copyright (c) 2017 HealthDay. All rights reserved.

RELATED ARTICLES