Ïɼ®
image_print
疾患・分野別ニュース/糖尿病短報(海外)/

減量手術後の目標BMI達成に重要な因子とは? ――米研究

BMIが40未満の時点で減量手術を行うと、術後に目標BMIを達成しやすいとする研究結果が「JAMA Surgery」7月26日電子版に掲載された。

米ミシガン大学のOliver Varban氏らは、2006~2015年に減量手術を施行した肥満患者2万7,320人を対象に解析した。その結果、術後1年の時点で対象患者の36%が目標BMI(30未満)を達成しており、こうした患者の多くは術前のBMIが40未満であった。また、目標BMIを達成した患者では、糖尿病や高血圧、脂質異常症の治療薬の服用を中止する確率が高く、睡眠時無呼吸症候群の寛解率も高かった。一方で、術前BMIが50を超える患者のうち目標値を達成したのはわずか8.5%であった。(HealthDay News 2017年7月26日)

Copyright (c) 2017 HealthDay. All rights reserved.

RELATED ARTICLES