o-170812
image_print
疾患・分野別ニュース/糖尿病短報(海外)/

中年期の喫煙や糖尿病、高血圧などの心血管リスク因子が認知症と関連――米研究

中年期の喫煙や糖尿病、高血圧などの心血管リスク因子は、その後の認知症リスクを高めるとの研究結果が「JAMA Neurology」8月7日電子版に掲載された。

米ジョンズ・ホプキンズ大学のRebecca F. Gottesman氏らは、動脈硬化リスクを検討する前向きコホート研究(ARIC研究)の参加者のうち、1987~1989年に44~66歳だった1万5,744人を対象に、2015~2016年まで前向きに追跡した。その結果、1,516人が認知症を発症した。アフリカ系人種、高齢、低学歴、APOEε4遺伝子のほか、中年期の喫煙、糖尿病、高血圧前症および高血圧が認知症のリスク因子であることが分かった。(HealthDay News 2017年8月9日)

Copyright (c) 2017 HealthDay. All rights reserved.

RELATED ARTICLES