elegant business multitasking multimedia man using devices at home
image_print
疾患・分野別ニュース/糖尿病短報(海外)/

オンライン医療相談の利用で糖尿病患者の転帰が改善する――米研究

医療機関サイトのオンライン医療相談を利用すると、糖尿病患者の転帰が改善するとの研究結果が「Diabetes Care」8月14日電子版に掲載された。

米パロ・アルト医療財団研究所のSukyung Chung氏らは、2011~2014年に医療機関のポータルサイトに登録した糖尿病患者(3万7,762患者・年)を対象に、オンライン医療相談の利用の有無と転帰との関連を調べた。その結果、対象患者の72%がオンライン医療相談を利用していた。医療相談を利用しなかった患者は、サイトの閲覧回数に関係なくHbA1c目標達成率(8%未満)が低かったが、利用した患者では利用回数の増加に伴って転帰が改善した。こうした関連はインスリンを使用しない患者で顕著であった。(HealthDay News 2017年8月21日)

Copyright (c) 2017 HealthDay. All rights reserved.

RELATED ARTICLES