Items for daily monitoring of blood glucose

「1分間に思い出せる動物の名前の数」でインスリン治療の可否を判定 横浜市大の研究グループ

「1分間になるべく多くの動物の名前を思い出す」という簡単な記憶力テストの結果で、高齢の2型糖尿病患者がインスリン治療を自己管理できるかどうかを判定できる可能性があるとする研究結果を、横浜市立大学大学院分子内分泌・糖尿病内科学教授の寺内康夫氏らの研究グループが発表した。1分間に動物の名前を「11個以上」思い出せると、その患者は1週間以内は自分でインスリン治療を管理できると予測されるという。詳細は「Journal of Diabetes Investigation」8月28日オンライン版に掲載された。

高齢の糖尿病患者では、加齢に伴って認知機能が低下すると1人でインスリン注射ができなくなったり、経口薬の服薬時間や用量を守れなくなることが課題とされている。寺内氏らは、高齢の糖尿病患者がインスリン治療を自己管理できるか否かを認知機能検査で評価した報告はほとんどないことに着目。高齢の2型糖尿病患者を対象に認知機能検査を行い、インスリン治療に必要な自己管理能力との関連を調べるため、後ろ向きの観察研究を行った。

対象は、2014年6月~2016年5月にインスリン治療を開始した60歳以上の2型糖尿病患者57人。対象患者には、MMSE(Mini-Mental State Examination)と、動物の名前や指定した頭文字で始まる名詞を1分間になるべく多く思い出す簡単な言語流暢性課題(verbal fluency test)による認知機能検査を受けてもらった上で、12項目で評価したインスリン治療の自己管理能力との関連を調べた。

その結果、多変量ロジスティック回帰分析により、1週間以内にインスリン治療を自己管理できるかの予測には、MMSEよりも言語流暢性課題の方が適していたほか、言語流暢性課題の中でも動物の名前を思い出す記憶力テストが最も信頼性が高い方法であることが分かった。動物の名前を「11個」以上思い出せることは、感度73%、特異度91%の精度で1週間以内のインスリン治療の管理能力の有無を予測できた。

寺内氏らは、後ろ向き解析であることやインスリン注射の教育を行う看護師が複数いたこと、対象患者の手段的日常生活活動(IADL)は評価していないことなど、今回の研究の限界点を指摘しつつ、「1分間にできるだけ動物の名前を思い出すといったカテゴリー流暢性テストにより、高齢の糖尿病患者がインスリン治療を自分で管理できる能力があるかを判別できる可能性があり、そのカットオフ値は11個だと考えられる」と述べている。(HealthDay News 2017年9月11日)

Abstract
http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/jdi.12732/full

Copyright © 2017 HealthDay. All rights reserved.