4.1.1
image_print
疾患・分野別ニュース/糖尿病短報(海外)/

若い慢性疾患患者で自殺リスクが高まる――カナダの研究

20歳代までに糖尿病や喘息などの慢性疾患にかかると、同世代の健康な若者に比べて自殺を図るリスクが4倍以上に高まるとする研究結果が「Canadian Journal of Psychiatry」8月17日電子版に掲載された。

ウォータールー大学(カナダ)のMark Ferro氏らは、メンタルヘルスの全国調査に参加した15~30歳の男女5,248人を対象に、慢性疾患の有無別に12カ月間の自殺関連行動の確率を比較した。その結果、若い慢性疾患患者は、健康な若者に比べて自殺念慮(1.28倍)、自殺の計画(2.34倍)、自殺企図(4.63倍)の確率がいずれも高まっていた。また、慢性疾患患者の自殺念慮の確率は気分障害の併存で1.89倍に高まった。(HealthDay News 2017年9月1日)

Copyright (c) 2017 HealthDay. All rights reserved.

RELATED ARTICLES