4.1.1
image_print
疾患・分野別ニュース/糖尿病短報(海外)/

2型糖尿病患者の急激な腎機能低下を予測する血清バイオマーカーを同定――オーストラリアの研究

2型糖尿病患の急激な腎機能低下の予測能を向上させる血清バイオマーカーを同定したと、西オーストラリア大学のKirsten E. Peters氏らが「Diabetes Care」8月29日電子版に発表した。

同氏らは、Fremantle Diabetes Study Phase IIに参加した2型糖尿病患者345人を対象にベースラインの血清バイオマーカーを測定し、急激なeGFR値の低下との関係を調べた。その結果、臨床的予測因子を調整した解析で、apoA4、CD5抗原様蛋白(CD5L)および補体C1qサブユニットB前駆体(C1QB)は急激なeGFR値の低下の独立した予測因子であり、IBP-3とともに腎機能低下の予測能を向上させることが分かった。(HealthDay News 2017年9月11日)

Copyright (c) 2017 HealthDay. All rights reserved.

RELATED ARTICLES